風邪

   風邪の予防ととっておきの治し方を紹介します!

風邪のページ

 
風邪をひかない風邪をひいたら・・・


 風邪をひいていませんか?まずは風邪の予防です。風邪は3回の食事をしっかりとって免疫力をたかめるのが一番。おいしいお料理が予防のコツ。風邪対策のレシピを用意しておくのもひとつ。風邪の病状はのど≠ゥら、せき#M、ときには胃腸の痛みも。咳は他人にうつす原因に。風邪薬は最後の手段。風邪の治し方は食べ物と身体を温めることから。食べ物で体力をつけ、身体を温めて免疫力を落とさない。直し方その2、睡眠をしっかりとる。風邪はインフルエンザとちがって予防接種はない。おたふく風邪のこともあり。
                                                 



★風邪とインフルエンザを見分ける方法!★

--------------------------------------------------------------------------------------------------





--------------------------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------------------------

★風邪の病状 熱・のどの痛み・咳(せき)・鼻水・胃腸




★風邪の予防・・・ポイントは食事(料理)!そしてうがい、手洗い、ビタミンC!

・レシピも

--------------------------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------------------------


★風邪の治し方風邪薬を使う前にこうしよう!薬には副作用がある★

・市販の薬と医者の処方する薬の違いってなに?



 伏期間は1日から2日です。今まで感じたことがない震えがきたら注意!★


潜伏期間は、一般的には1日から2日です。その後高熱を伴う症状が現れます。
短い潜伏期間では24時間後に症状が出て、
おそくともでは4〜5日の潜伏期間で症状が出るようです。


私も一度インフルエンザにかかりましたが、電車に乗っているときに
今まで感じたことがない身震いを感じました。
あれが、潜伏期間におけるサインだったのでしょうね。


潜伏期間の特徴は他にありません。ここが風邪とインフルエンザのわかりにくいところです。
ちなみに私がインフルエンザを疑ったのは潜伏期間ではなく、実際に発病してから高熱が
下がらなかったときです。
『あれ?なんかいつもと違う・・』


   ★潜伏期間と病状:あれ?熱がさがらない!?★
 

いわゆる風邪とインフルンザの症状は、咳、喉の痛み、発熱するなどは変わりません。
じゃあ、なに?そう熱です。体温の上昇ですね。


インフルエンザでは発熱するとすぐに38℃を越えてしまいます。
人の体温は目覚めたときうより夕方の方が高くなりますが、朝から発熱があった場合は要注意です。


これがまた下がらないんです。
風邪であれば、熱がでたりさがったり、調子いいかもと思いきや、やっぱりだめだったりしますよね。
インフルエンザの場合は熱が高温でさがらないことです。


風邪の病状はこんな感じです。


風邪の病状@ 朝から高熱が!


風邪の病状A 寒気・震え⇒私の体験ではびっくりするものでした。


風邪の病状B 倦怠感⇒だるーいっていうことですね。


風邪の病状C 頭痛・関節痛・筋肉痛⇒風邪でもおなじですよね。


風邪の病状D 喉の痛み⇒風邪とおなじですって・・・。


風邪の病状E くしゃみ、鼻水


    





-------------------------------------------------------------------------------------------------

 




--------------------------------------------------------------------------------------------------


 ★これで予防!これをすれば感染の可能性がグッっと下がる!★


インフルエンザの予防は風邪対策とあまりかわりません!
やっぱり予防策はうがい・手洗いが基本ですね。


予防策@予防接種を受ける!これはMUSTです!


免疫力をつけるために流行する前、だいたい11月くらいに予防接種を受けます。
予防接種を受けることによる70%が発病まで至らず、もしくは軽症で済むという効果があります。


ワクチン効果は接種後10日〜1ヶ月くらいでピークになります。
それから1年くらい効果が続きますが、まぁ毎年11月にうけると決めておくことですね。


予防接種の料金は¥3500ほどでした。
多少の料金差はありますが、ほぼこのくらいの料金ですね。
予約していきましょう。ワクチンが不足することもありますので早めに!


予防策Aうがい及び手洗い!人ごみではマスク着用を!特に電車の中では!


咳やクシャミから飛沫感染します。電車で座っていると上からクシャミされるのいやですよね〜。
目からも感染するそうでゴーグルでもしたいと思うこともありますが、さすがにそれは無理・・・・。


マスクも立体式の顔の形にあうものを選んで、もちろん鼻まですっぽりガードしましょう。
これにより予防効果があがります。


もちろんですが、睡眠不足、過労、不摂生は身体の免疫力を低下させるので
ほどほどにしましょうね。ちょっとほっとしたときに病気になるんですよね。


予防策A 温度と湿度を適度に保つこと!室温20度以上、湿度50%以上!!


ウイルスは低温・低湿だと空気中にふわふわと浮いています。
室温が20度以上、湿度50%以上になるとほとんどのウイルスは死滅します。


暖房器具をつかっているとどうしても乾燥しますよね。
やっぱり加湿器が効果的です。お風呂をフタをあけておくのもいいですけど。


加湿器は最近、ペットボトルを使えるものがありますね。
ペットボトルタイプは使いきりで衛生的ですよね。
ネットでしらべると料金が安いもので2500円なんてのもありました。
ちなみに我が家で使用の加湿器は3000円くらいです。


リビングにおいているので、ちょっとパワーがあるのを使っています。
マイナスイオンとか機能がついているのは20、000円とかしますけど
目的だけでえらべば安いですし、必需品ですよ。


    




    


-------------------------------------------------------------------------------------------------

 



--------------------------------------------------------------------------------------------------




幸い回復にむかっています。よかったですね。



●もっと風邪について知りたい方はこちらから検索してみてください↓
    





リンク:ストレス解消  うつ病  うつ病2 偏頭痛を治す方法  偏頭痛を治す方法2  偏頭痛を治す方法3
おたふく風邪の予防と治し方  インフルエンザの予防と治療法はこれです!
Copyright (C) All Rights Reserved